丸新運輸株式会社 新しい時代の物流は MINATO LIS EXPRESS におまかせください。

丸新運輸株式会社 MINATO LIS EXPRESS

HOMEへ  |  お問い合わせ  |  サイトマップ  |  リンク集



会社概要

沿革

昭和24年 3月
埼玉県熊谷市埼北貨物自動車運送鰍フ依頼を請け、秩父セメント樺&ロH場へ運ぶ貨物の          東京集貨所を東京都港区新橋5丁目2番地に開設した。

昭和25年 8月
東京都港区新橋5丁目2番地に丸新運輸(株)を資本金20万円で設立した。

昭和27年 7月
 埼北貨物自動車運送椛シ9社の路線貨物自動車運送事業社の代理店となり、運送取扱事業の登録(東陸自登64号)を受けた。

昭和30年 3月
一般(限定)小型貨物運送事業の免許(55東陸自貨2第269号)を受けた。

昭和34年 7月
本店所在地を東京都港区新橋4丁目38番地に移し、車庫等の認可を受ける。

昭和36年 9月
東京都港区芝浦2丁目9番地に事業所を新設して、新橋の営業の大部分を移した。

昭和38年 2月
芝浦営業所の新設、車庫の認可(63東陸自貨2第126号)された。

昭和38年11月
東京都港区海岸3丁目11番1号に事業所を新設し認可(63東陸自貨2第510号)をされた。

昭和45年10月
海岸3丁目6番30号に地上5階鉄筋コンクリート建の保管庫を新設した。

昭和46年 4月
同上の認可(71東陸自貨2第481号)を受けた。

昭和46年12月
 首都圏のシステム輸送を目指して輸送グループを作成。後の首都圏システムステム輸送協同組合と成る。

昭和48年 3月
一般区域貨物自動車運送事業の免許(73東陸自2貨2第401号)を受けた。

昭和48年 6月
 東京都内の小口積合運送事業の免許(73東陸自2貨1第346号の2)を受けた。

昭和49年12月
 軽車両による運送事業開始

昭和54年12月
 都内積合運送許可取得

昭和61年 7月
東京都より海岸3丁目6番地30号2を所得して車庫の認可(86東陸自貨第3056号)を受けた。

昭和61年12月
上記の地に鉄骨スレート一部2階建ての配送センターを新築して、芝浦営業所の営業を移動し、芝浦営業所を閉鎖した。

平成 1年 7月
資本金を\7,000,000から \14,000,000に増資した。

平成 1年12月
法律改正に伴い事業を貨物自動車運送事業・貨物運送取扱事業・倉庫業に改めた。

平成 6年12月
 環境事業団より、大田区城南島4丁目4番2号を取得し、大田物流センターを開設する。

平成 9年11月
 天然ガス自動車(2T車)を導入する。

平成11年 2月
 2台目の天然ガス自動車(2TL車)を導入する。

平成11年 3月
 3台目の天然ガス自動車(2T車)を導入する。

平成11年 7月
 東運開発・アバンセロジスティック・拓洋・秋元運輸倉庫・館林運輸とともに、6社で「物流情報ネット・イー協議会」を発足させた。

平成12年 6月
 4台目の天然ガス自動車(2TL車)を導入する。

平成12年 7月
 海外航空貨物の拠点間(港区−成田国際空港)輸送を始める。

平成13年 9月
 5台目の天然ガス自動車(2TL車)を導入する。

平成14年 7月
 リサイクル事業を事業に追加する。 

平成14年 9月
 協同組合物流情報ネット・イーは認可を受け、運輸担当会社として活動開始。

平成14年12月
 リサイクル事業開設に伴い古物商許可取得(第301080208163号)

平成15年 1月
 産業廃棄物収集運搬業許可取得(第13−00−099533号)

平成15年 3月
 6台目の天然ガス自動車(2TL車)を導入する。

平成15年 9月
 環状2号線建設のため本社家屋・土地収用され、港区西新橋に本社を移転する。

平成15年 9月
 4T車新車代替し現有車両のNOX等環境対策完了する。

平成21年 7月
 2T車新車パワーゲート車を導入する。

ページ先頭へ